・トップページ
はじめに
・こんな考え方です
・プロフィール
・ブ ロ グ
治療方法
・四診法について
・鍼灸と手技療法,MT
・適応疾患など
Q & A
・治療時間、料金など
・アクセス、地図
・その他よくある質問
役立ち情報
・体質チェック
・乳幼児の治療
・高齢者の方
そ の 他
・リ ン ク
・サイトマップ
体質チェックと養生法
お悩みの症状が運動器系であれ内科系に関わらず、どんな症状でも体質とは無縁にあらわれるわけではありません。生活習慣を少し変えるだけでも、症状を軽くしたり予防したりすることができます。

ここではごく簡単な体質チェックと、それに対する養生法を少しだけまとめてみました。おもに飲食、衣服などに関するものだけで、「このツボを押さえるとよく効きます」なんていうのはありません。ツボは刺激したらそれで効くというものではなく、方法が間違っていると悪化することもあり、実際に患者さんを診ずに勧めるのは不安がありますから。

なお食養生については、当てはまるからといってそればかり食べるというのは避けてください。この説明は全体にかなり大雑把なものなので、あくまで参考程度にして食事を楽しむことをお忘れなく。

通常中国医学の説明をする場合は陰陽五行説を用いるのが基本ですが、分かりやすくするためにここではあえて別の考え方を用いることにしました。
 
まずは体質チェック
 次の中から当てはまるものを選んでください。

A.雨の日、またはその前日や曇りの日に不調。
B.夜よく寝ているはずなのに、日中眠くなる。
C.舌を鏡で見ると。ボテッとふくらんでいたり、白い苔がたくさんついている。
D.鼻水や痰が出ることが多い。
E.肥満傾向。
F.不眠の傾向がある。
G.口やのどがよく渇く。
H.寝汗をよくかく。
I.痩せているとよく言われる。
J.舌を鏡で見ると、黄色い苔がたくさんついている。
K.運動して汗をかいても、すっきりせず疲れるだけのことが多い。

 A.B.C.D.Eの多くが当てはまる方は湿タイプです。
 F.G.H.Iの多く当てはまる方は乾燥タイプです。

もう一つ簡単なチェックをします。
1.寒がりである。
2.顔が青白いか灰色っぽい。また日焼けしていないのに黒(暗)っぽい。
3.風邪をよくひく。
4.暑がりである。
5.顔が赤いか黄色っぽい。
6.風邪を引くと熱が出やすい。

1.2.3が多い方は寒タイプ。
4.5.6が多い方は熱タイプ。

これらの結果を合わせます。
・湿タイプ+寒タイプは寒湿タイプ
・湿タイプ+熱タイプは湿熱タイプ
・乾燥タイプ+寒タイプは寒燥タイプ
・乾燥タイプ+熱タイプは燥熱タイプ
それぞれの項をご覧ください。
 

湿タイプ
これは身体の中に湿気がたまっている状態だと思ってください。むくみやコリ、重だるさを感じます。そこに冷えが入ると、ただ冷える時より痛みがきつくなります。
舌の苔は霧や雲と同じです。朝起床時に舌苔が日中より多いのは、空の朝曇りと同じで薄ければ正常ですが、つねにべったりとして剥がれないのは体が梅雨時状態なのです。

湿を増やす要因を下に挙げます。
・甘いものや炭水化物の食べすぎ。砂糖、パン、麺類、ご飯の順にたまりやすい。
・間食が多い。お腹が減ってないのに喰ってしまうという意味です。
・アルコール、油脂、乳製品のとり過ぎ。
・運動不足(発汗の不足)または長すぎる昼寝。
・換気の悪い部屋に長時間いすわる。

要は食べすぎ飲みすぎが主な原因ですね。湿がもとになる病は日本人に特に多いものです。肩こりなどもその例がかなりあります。
 

乾燥タイプ
体の中の潤いが不足している状態です。原因は精神的なストレスと睡眠不足が一番で、栄養の偏りによっても生じます。潤ってないので暑がりが多くなりますが、暑がりで寒がりの人もいます。乾燥しているのですから、性格はともかく身体は熱しやすく冷めやすい状態になっているのです。
起きやすい症状として、最も代表的なものは不眠症です。神経が過敏になり、顔つきや声の調子がきつくなりがちです。寝汗や寝言が多くなる場合もあります。
耳鳴りや、最近よく聞くドライアイ(目の乾燥)、眼精疲労などもこのタイプに多い疾患です。
便秘もよく見られます。水分の吸収が進みすぎて便が乾燥してしまうからです。
肩こりでも押さえると非常に硬いのが特徴です。特に女性に多いのは、背中や肩に板でも入っているんではないかと言われるものです。これは体質を変えない限り、揉んでも押さえても悪くなることはあっても良くなることはほとんどないといっていいでしょう。
・トップ こんな考え方です プロフィール 地図 鍼灸と手技 適応疾患 料金、時間 Q&A 
四診法 体質チェック 乳幼児の治療 高齢者の方へ ブログ リンク

CopyRight c のじり鍼灸指圧院 All Rights Reserved.  
〒569-0036 大阪府高槻市辻子3−29−8