適応などについて          

・トップページ
はじめに
・こんな考え方です
・プロフィール
・ブ ロ グ
治療方法
・四診法について
・鍼灸と手技療法、MT
・適応疾患など
Q & A
・治療時間、料金など
・アクセス、地図
・その他よくある質問
役立ち情報
・体質チェック
・乳幼児の治療
・高齢者の方
そ の 他
・リ ン ク
・サイトマップ
本来鍼灸はからだの中の気血をめぐらして病を治したり、予防したりというものでした。むかしは導引按矯(どういんあんきょう)といわれた、気功、整体、按摩なども同じです。
今では誰でも体のことを気にするときは、現代医学的な病名を中心にして考えますので、わかりやすくするために、鍼灸に治せる可能性がみとめられているものを記しました。ただしこれはあくまでも一般の基準であり、効く効かないは個人差があります。ここにあっても難しいものあれば、書いてなくてもよくなるものもたくさんあります。

他に鍼灸がよく効くものとして忘れてならない運動器系疾患では五十肩テニス肘腱鞘炎、弾発指膝の痛み(変形性膝関節症、ジャンパー膝、オスグッド・シュラッテル)などがあります。「痛み」についてはこちら。
 
WHO(世界保健機構)の会議で提示された鍼灸の適応症 ― 41疾患
頭痛、偏頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺
メニエル氏病、白内障、急性結膜炎、近視、
中心性網膜炎、急性上顎洞炎、急性鼻炎感冒
急性扁桃炎歯痛、抜歯後疼痛、歯肉炎、急性咽頭炎
急性気管支炎、気管支喘息、食道・噴門痙攣、
しゃっくり、急性・慢性胃炎、胃酸過多症、胃下垂、
麻痺性イレウス、慢性・急性十二指腸潰瘍、
急性・慢性腸炎、便秘、下痢、急性細菌性下痢、
打撲による麻痺、末梢神経系疾患、多発性筋炎、
神経性膀胱障害、肋間神経痛、頸腕症候群、
坐骨神経痛、腰痛、関節炎、夜尿症
その他、鍼灸や手技療法の適応症となるもの
循環器系
本態性高血圧症、本態性低血圧症、神経性狭心症、
不整脈の一部、心臓神経症
呼吸器系
過呼吸症候群、神経性咳嗽
内分泌代謝系
肥満症、糖尿病、心因性大飲症、甲状腺機能亢進症
消化器系
消化性胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、過敏性大腸症候群、下痢
便秘症、神経性嘔吐症、腹部膨満症、呑気症、
神経性食思不振症、痔疾
神経系
自律神経失調症
泌尿器系
過敏性膀胱
骨・筋肉系
慢性関節リューマチ、全身性筋肉痛、外傷性神経症、
書痙、痙性斜頚、チック、脊椎過敏症
皮膚系
神経性皮膚炎、皮膚掻痒症、湿疹、円形脱毛症、多汗症
慢性蕁麻疹
耳鼻咽喉科系
メニエール症候群、咽喉頭部異物感症、難聴、耳鳴り
乗り物酔い、嗄声、失声、吃音
眼科系
発性緑内障、老人性白内障、眼精疲労、眼瞼痙攣
性器系
インポテンツ、不感症、月経痛、無月経、不妊症、
更年期障害
小児科系
小児疳の虫、夜驚症、腺病質、小児消化不良症
その他、臀部・腰部・手足の冷え、肩凝り、のぼせ、
不眠等の不定愁訴   
 全日本鍼灸マッサージ師会HPより  
・トップ こんな考え方です プロフィール 地図 鍼灸と手技 適応疾患 料金、時間 Q&A 
四診法 体質チェック 乳幼児の治療 高齢者の方へ ブログ リンク

CopyRight c 2002 のじり鍼灸指圧院 All Rights Reserved.  
〒569-0036 大阪府高槻市辻子3−29−8